物件の商品化事例 2017.11.29

那須の別荘地 エリアリノベーション

木々の間でさりげなく目を引くサイン

 

HEIWAGO NATURE FIELD

 

数年前からエリアリノベーションに携わっている那須高原と羽鳥湖の「HEIWAGO NATURE FIELD」。雄大な自然に抱かれた土地に点在する山荘は、森の中でも違和感なく存在する美しい建物ばかり。デザイン性の高さと気候と風土に適合した造りで、別荘で過ごす時間を快適で上質なものにしている。

当社では、新たに別荘を建てるクライアントに対して、建築プロデュース、必要に応じてバケーションレンタルの運用をご提案するなど、形にこだわらないサポートを行っている。別荘の資産価値を高め、様々なステイ方法で別荘を利用するゲストに質の高い時間を送ることのできる空間を提案することも大事な業務のひとつと考えている。そうした当社のノウハウを取り入れ、別荘地全体で取り組んでいる那須高原と羽鳥湖高原の別荘分譲地「HEIWAGO NATURE FIELD」のサポートを行っている。

HEIWAGO NATURE FIELDのオフィシャルサイト

 

国立公園の雰囲気に合うカラーにリノベーションされた平和郷の管理センター

 

CABIN STYLEのショップ

 

那須高原にOPENするこのショップは別荘地の管理とアイテムの販売、バケーションレンタルの総合受付も兼ねる。以前建物のリノベーションを行った際に、エリア全体で統一したカラーコード、茶色い壁と小豆色の屋根に造り替えられ、外観も国立公園内の森に馴染んだデザイン。受付は世界の国立公園内にあるロッジをイメージ。那須高原を訪れるゲストを迎え入れる。そしてショップでは、アウトドアでも別荘でも使えるアイテムを販売している。販売商品には明確なコンセプトがあり、じっくりと検討して厳選されたものが並ぶ。

・アウトドアアイテム、ハウスウエアアイテム、どちらでも使えるもの
・機能的であること
・美しいこと
・長持ちすること
・経済的であること

「CABIN STYLE」として位置づけを行い集めたアイテムを販売している。那須高原に来たビジターたちがアウトドアで使うもの、別荘生活で使うもの、自宅に持ち帰って使えるものが揃えられ、見ているだけでも楽しい。これも、この別荘地のコンセプトである「ART&CRAFTS」に繋がっている。

 

さりげなくオシャレな看板

 

森になじむサイン

 

プロデュースしているのは建築以外にも及び看板のような小さなアイテムもある。ナチュラルテイストなヴィラが多いこのエリアだからこそ、サインも美しいものにしたい。売地としてのインフォメーションサインは、浅ひもで木にしばるプレートをデザインした。白樺などの林が多い別荘地を散策していても、木々の間で目を引くさりげないこだわりのあるサインはこの別荘地の特別感を演出している。