熱海市海光町 温泉付き売地(古家あり)

熱海市海光町 温泉付き売地(古家あり)

本物件は、成約致しました

at0155a.jpg

at0155b.jpg

at0155top.jpg

at0155c.jpg

at0155d.jpg

熱海駅から徒歩5分ほどで国道135号線に出る。「足川」という交差点を渡ったところある小さな階段を下りていくと、歴史を感じさせる石畳の街が現れる。車ならバス停「海光町」のあたりから海に向かって入っていく。国道とビーチラインの間に位置する小さなエリアだ。

at0155e.jpg

この希少な石畳の街こそが大正から昭和初期にかけて著名人がこぞって別邸を建てた高級別荘地。高い塀に囲まれた数寄屋造りの家々、瓦屋根のついた白壁が美しい建物など、豪邸が石畳の道沿いに立ち並び、この土地に別邸を持つことがひとつのステータスだったことが窺える。

at0155f.jpg

すぐ近くに源泉があり、各家に温泉が引かれている。風化した温泉の管さえも歴史を感じさせ風情がある。

at0155g.jpg

苔むした石垣のシルエットが路地に美しい陰影を造り出す。

at0155h.jpg

でこぼこに盛り上がった石畳とその先に見えるきらめく海。まるで映画の舞台へ迷い込んだかのよう。岡山の彫刻家、平櫛田中もこの景色を愛し別邸を建てたという。野村證券の創始者が建てた「野村塵外荘」、岩波書店創始者の熱海別邸「惜櫟荘」、山本五十六元帥が海軍の部下を集めたという「水光荘」など、名家のお屋敷が立ち並ぶ。

at0155i.jpg

瓦屋根を基調とした重厚な建物が往時を偲ばせる。

at0155j.jpg

今回紹介するのは、こうした屋敷が立ち並ぶ別荘地にある貴重な土地。残された建物も年代を感じさせる瓦屋根と白い壁が武家屋敷を思わせる。

at0155k.jpg

白壁に沿って這うツル科の緑も美しいコントラストを生み出している。

at0155l.jpg

石畳の道に接したアプローチから反時計回りにぐるりと囲む石垣は徐々に高くなり、この土地が高い石垣の上にあることが分かる。この界隈を城と喩えれば櫓(やぐら)のようなイメージをご理解いただけるだろう。

at0155m.jpg

敷地外周に積まれた石垣。人の手で丁寧に積み重ねられた石の凹凸が美しい陰影を織り成している。

at0155n.jpg

見上げると自然に育ったと思われる松が見える。海に近いこの街には大きな松があちらこちらに植えられ、海風から家を守っている。

at0155p.jpg

2階から見た東側の景色。右端に初島が浮かんでいる。天候によっては初島や房総半島まで望むことができる。

at0155q.jpg

1階から見た南側の景色。熱海港から初島へ向かう船が行き来するのが見え、汽笛が聞こえるのも心地よい。

at0155r.jpg

2階から見た北東側の景色。海抜28メートルとあって、漁をする船上の様子までわかる。

at0155s.jpg

1階から南側へ目を向けると熱海港、熱海城が望める。海上花火大会の日は花火の打ち上げポイントまで見える。

at0155t.jpg

小さなコミュニティで長い年月守られてきた名湯は、無色透明、泉質は塩化物泉。源泉から近いため高温のまま各家庭に届き、保温効果・保湿効果ともに優れた「美肌の湯」とも言われている。

at0155u.jpg

源泉から直接お湯を引く温泉管が街中に張り巡らされている。

at0155v.jpg

すぐ近くに源泉があることは、2階から温泉櫓が見下ろせることからもわかる。松林の間から覗く鉄塔が美しい。

at0155w.jpg

松越しに眺める温泉櫓と相模湾。沖に見えるのは真鶴半島。

at0155x.jpg

敷地から数十メートルのところにある源泉。現在、新しい井戸を掘削中。

at0155y.jpg

敷地南側の石畳。散歩がてら敷地をぐるりと回るように坂道を下りていってみよう。この石畳は、戦後熱海ホテルに駐留していたGHQが花崗岩を敷いて造られたという。

at0155z.jpg

石垣を見上げると、上部が反り返った積み方になっているのが分かる。熊本城の角石を思い起させ、ますます櫓といった雰囲気。

at0155aa.jpg

石垣に生えた濃い苔が長い年月を感じさせる。

at0155ab.jpg

石畳を下ると生垣の先にちょこんと現れる温泉櫓。空とのコントラストが美しい。

at0155ac.jpg

石垣と石畳が風情のある坂道。雨の日は苔の緑が濡れた路面に映えしっとりとした情緒を醸し出すが、足元が滑るので注意が必要だ。

at0155ad.jpg

海のほうを眺めると、松林の先にきらきらと水面が揺れている。潮の香りと寄せては引く波の音が心地よく、海の胎動を身近に感じさせてくれる。

at0155ae.jpg

沖ではいつも漁船が漁をしているのが見え、海からの贈り物をすぐに楽しめる場所にいることを改めて実感する。

at0155af.jpg

石畳の街は一周するのに10分もかからないほどコンパクトだが、名家のお屋敷が立ち並び、別荘地として名高い熱海の中でも類稀な場所だ。選ばれし者たちだけの街に住むことができる千載一遇のチャンスと言っても過言ではないだろう。

at0155ag.jpg

苔むした石の手すりに松の葉が落ち、自然の手で偶然のアートが生み出されていた。

at0155ah.jpg

縁がないとこの場所に居を構えることが出来ないのは、昔も今も変わらない。ただただ貴重な出会いを大切にしたい。

at0155ai.jpg

敷地内に残るのは、明治・大正時代の建築的美しさが残るレトロな建物。ひび割れなどもあり、雨漏りも見られる古家のため、自分好みに手を加えて再生させるのも良し、全面的に立て替えるも良し。是非ご検討ください。

物件へのアクセスと近隣施設

※実際の場所と表示がずれている場合があります。

物件までの所要時間

JR東海道線「熱海駅」・・・約1.0km
徒歩約15分

近隣施設のご案内

熱海サンビーチ・・・約1.6
熱海市役所・・・約2.2
熱海港・・・約3.0
熱海ゴルフ倶楽部・・・約3.7

物件の概要

所在地 静岡県熱海市海光町
交通 JR東海道線「熱海」駅 徒歩約15分
土地面積 299.90m2(約90.71坪)
地目・用途地域 宅地・第2種住居地域
建ペイ率・容積率 60%・300%
その他の法令制限 非線引き
静岡県建築基準条例(第10条がけ条例)
建築基準法第22条区域
熱海市景観条例
文化財保護法
第1種高度地区
斜線制限・日影規制
温泉 芦川温泉クラブ要加入
持分口数:1口
温泉加入金:1,850,000円(税別)
温泉使用料:180,000円/年(税別)
工事負担金:約62,540円/年(税別)
固定資産税等分担金:約8,000円/年
年により変動あり 詳細はお問い合わせください
備考
  • 古家あり
  • 歴史ある石畳が美しい閑静な別荘地
  • 源泉が近く鮮度の良い高温泉を利用できる
  • 南東向き陽当り良好
  • 熱海の夜景・花火大会、相模湾・初島を望む
  • 外周が石垣に囲まれた高台の上の平坦地
  • 現在の家に車庫なし
取引態様 媒介
物件番号 AT0155
  • PDF図面
  • JPG図面

新着物件

RSS

小田原市板橋 中古戸建て 

小田原市板橋 中古戸建て 

8,900万円

相模湾を見下ろす丘の上。旧東海道「小田原宿 上方口」歴史ある宿場町の情緒が漂う粋な場所。リゾートとしても住まいとしても暮らせる城下町小田原の素敵なラグジュアリーユニット「AKIBAYA TERRACE」のご紹介です。

小田原市板橋 中古戸建て の詳細

真鶴町 真鶴半島内 売ビル

真鶴町 真鶴半島内 売ビル

24,800万円

相模湾に突き出た半島の峰筋に建つ真っ白な多目的ビルのご紹介です。

真鶴町 真鶴半島内 売ビルの詳細

箱根町宮城野 温泉付中古売山荘

 箱根町宮城野 温泉付中古売山荘

5,480万円

広大な自然保護区に囲まれたロケーション。大自然を体感するラグジュアリーマウンテンヴィラ。

 箱根町宮城野 温泉付中古売山荘の詳細

小田原市南町 「城下町リゾート」 中古戸建

小田原市南町 「城下町リゾート」 中古戸建

8,250万円

小田原城の南側、交通・生活の利便性が高い天神山から城下町と相模湾を望む重厚感のあるユニット。

小田原市南町 「城下町リゾート」 中古戸建の詳細

湯河原町吉浜 相模湾を一望する中古戸建て

湯河原町吉浜 相模湾を一望する中古戸建て商談中

3,500万円

相模湾を一望する湯河原町吉浜の丘の上。静かな森をバックに南向きに大きく開いた前庭が魅力のユニットです。

湯河原町吉浜 相模湾を一望する中古戸建ての詳細

オオクスライフアシスト

オオクスライフアシスト

有限会社オオクスライフアシスト
〒259-0312 神奈川県足柄下郡
湯河原町吉浜929番地7
0120-817-094