2013年5月のアーカイブ

blog794top.jpg 箱根駅伝のゴールまで約230m!芦ノ湖湖畔から少し登った丘の上にこの土地はあります。 ひな壇の敷地からは芦ノ湖と箱根の自然を見渡します。

blog794a.jpg 中段の敷地の様子。木々に囲まれた雰囲気が心地よいです。

blog794b.jpg 敷地最上部からの敷地全体を撮影。湖に向かって伸びて奥行きのある敷地は、色々な使い方ができそう。

blog794c.jpg 敷地内の小道。周辺にはたくさんの植物が自生しています。

blog794d.jpg 樹木の間から眺める湖の景色も趣があります。

blog794e.jpg とても素晴らしいロケーションで温泉も引き込めます。アイデアしだいでとても素敵な空間なると思います。

物件の詳細は芦ノ湖を望む土地(温泉可能)のページをご覧下さい。
blog793top.jpg

blog793a.jpg

blog793b.jpg

blog793c.jpg 敷地には現在保養所の建物が残っていますが、建物を解体し新築をされてはいかがでしょうか。
敷地へのアプローチ、石塀などの外構工作物や庭園をそのまま生かせば、更地から作り上げるよりも、お庭と外構がお得になると思います。

blog793d.jpg

blog793e.jpg

blog793f.jpg 広い庭園内には様々な樹種の樹木が茂ります。

blog793g.jpg コースの先に広がる箱根の大自然が魅力です。

blog793h.jpg とても素敵なローケ―ションにある土地です。建物の解体や敷地の利用方法等、是非ご相談ください!
物件の詳細は温泉付売地(古保養所あり)のページをご覧下さい。
blog792top.jpg 箱根町仙石原 箱根カントリー倶楽部を一望する場所に建つ温泉付宿泊施設のご紹介です。 たくさんの樹木が茂る庭園の先には緑が美しいコースが広がります。

blog792a.jpg スペイン風の白壁と茶色瓦の建物の外観は周囲の自然と調和しています。

blog792b.jpg

blog792c.jpg

blog792d.jpg 石造りの重厚感のあるアプローチ

blog792e.jpg ゴルフコースを一望する眺望が魅力です。
建物1階から撮影

blog792f.jpg コースの先に広がる箱根の自然
建物1階から撮影

blog792g.jpg

blog792h.jpg たくさんの樹木が配された庭園

blog792i.jpg とてもロケーションの良い素敵な物件です。
物件の詳細は、温泉付宿泊施設のページをご覧下さい。
blog791.jpg

新緑が美しい箱根の和風温泉付別荘「山蕗」のページを公開しました。

blog790a.jpg 湯河原吉浜にも久々に少し波が出たので、早朝から海に出ました。
風もなく海面も綺麗なコンディションでしたが、
少し厚めの波(割れずらい)でした。

blog790b.jpg 早朝にもかかわらず波乗りを楽しむ人の姿が見られました。
浜全体で15人くらいでしょうか。

blog790c.jpg 沖から岸を振り返ると、現在販売中の分譲地「West Hill」の建物が見えます。
波を待ちながら自宅が見えるなんて、サーファーにとっては
最高のロケーションです。

blog790d.jpg 海の上にいると海がうねって胎動する感じが良くわかります。

blog790e.jpg この写真は魚(ボラ)が飛んでいるところです。なんでかはよくわかりませんが、ボラという魚はしょっちゅうジャンプしています。

blog790f.jpg 自分がパドルしている姿を撮ってみましたが、
アングルがずれて変な写真になりました。
後頭部の白髪の多さに愕然。ジェジェジェです。

blog790g.jpg 波は今一つでしたが早朝の海は雨でも気持ち良いです。
白髪頭が気になるオオクス代表者のブログでした。

湯河原 吉浜Today

2013年5月20日 16:05 |

blog789a.jpg

初夏の浜へ下りて砂浜の生き物を探してみました。

blog789b.jpg

波が引いた後の砂浜を凝視すると、ところどころに小さな穴が見つかります。
とても小さいのでコツを覚えるのが大変ですが。マスターすればこんなキャストと出会えます。このカニはキンセンガニ、綺麗な海水に棲むカニで甲羅の角が特徴です。砂の上に置くと脚を上手に使い一秒くらいで砂の中に潜ります。

blog789c.jpg

こちらはおなじみのハマグリです。砂の表面から約10cmくらい潜って棲んでいます。

blog789d.jpg

波が引いた後を良く見ると、小さいものがピチャピチャしています。これが「アミ」佃煮のアミです。吉浜ではたくさんアミが棲んでいます。

blog789e.jpg

今度はこのルアーで大きい魚をGETしてご紹介する予定です!

blog789f.jpg

砂浜掘りに没頭していると、吉浜のローカルサーファーが海から上がってきたので。少しおしゃべり。この方は吉浜の波を知り尽くしていて、彼のいるところには一番良い波がきます。波乗りが上手で吉浜ローカルでは知らない人はいないという人物です。

blog789g.jpg

板とライディングにもこだわりがあって、最近ではとても短い板に大きなシングルフィンをつけて、波乗りの基礎が出来ていないとうまくターンが出来ないセッティングをしていました。海をとても愛している素敵なサーファーです。

素敵な吉浜ビーチライフを送ることの出来る物件はこちらです。
「The West Hill House」
「The West Hill Land」
「TEISYABA.P」

「Beach combing life」
「Ever Green House」
「Hang Five village」
「Farm Base」

blog788.jpg

The west hill 新築戸建と土地のページに新しく写真を追加しました。吉浜の魅力が伝わるような写真を多数アップしました。

The west hill 新築戸建のページ
The west hill 土地のページ

blog787a.jpg

現在進行中の熱海のバケーションレンタルユニットの工事が進んでいます。
今回は仕上げ素材の選定と現場の進行状況のご紹介です。

blog787b.jpg

これは水盤の中に張るタイルを選んでいる場面です。弊社事務所にある樽に水をはり、実際に水中での発色を確認しました。

blog787c.jpg

現場の方は基礎コンクリートの打設も完了し、現在は養生期間中です。

blog787d.jpg

これは中庭に設える水盤の基礎です。敷地内の樹木が基礎にたまった雨水に映り込んでとてもいい感じです。

blog787e.jpg

温泉風呂の基礎も同時に打設されました。コンクリートも綺麗に打たれていてなかなかの出来形です。

blog787f.jpg

シンボルツリーのメタセコイヤを中心に建物が周りに造られます。

blog787g.jpg

これはカナリー椰子の幹に巻きつく蔓草の芽です。とても南国チックな感じです。

blog787h.jpg

夏のような日差しに照らされた樹木はジャングルの雰囲気です。

blog787i.jpg

建物を真横から見た写真です。建物と中庭、水盤の関係が良くわかります。

blog787j.jpg

建物を後ろ側から見た写真です。人の大きさと比べると、建物大きさが良くわかります。

blog787k.jpg

現場では若井工務店の方が確認作業を行っていました。

blog787l.jpg

いつもお世話になっている若井社長自ら確認作業を行っています。
いつもとは違い厳しい目で確認している様子でした。

blog787m.jpg

このユニットには温泉が引き込まれます。近くの源泉を撮影しました。
7月のOpenに向けて急ピッチで作業が進んでいます。

blog786.jpg

相模湾を望む 「The West Hill」 (弊社呼称)の販売図面を公開いたしました。やはり海の近くの区画は申し込みが早いです。まだまだ、条件の良い区画も残っています。
「The West Hill」 (弊社呼称)のご案内希望の方は、弊社ホームページお問い合わせフォームもしくはフリーダイヤルにてご連絡ください。

「The West Hill」 土地(弊社呼称)のページ
「The West Hill」 新築戸建(弊社呼称)のページ

PDFの販売図面は、容量(4MB)が大きいためインターネットの回線スピードによっては、パソコンに表示されるまでの時間がかかりますので、ご注意ください。

公開予定でった、熱海西山町「The Rectangle」の販売図面を公開しました。

blog785.jpg

新しい写真も追加しましたので、熱海西山町「The Rectangle」のページを是非ご覧下さい。

ご案内希望やご質問等がございましたら、弊社ホームページのお問い合わせフォームもしくは、フリーダイヤルにてお問い合わせください。

熱海西山町「The Rectangle」の土地に弊社プロデュースした様な建物を建ててみませんか?。ご興味のある方は、オオクスプロデュースページをご覧下さい。

blog784a.jpg

いつもお客様に物件をご紹介する際にはちょくちょく出てくる
「初島望みますよ」の初島に弊社スタッフが参りました。

blog784b.jpg

熱海港を離れいよいよ初島へ出航です !
海上からは熱海のホテルとマンション群の位置関係が良くわかります。

blog784c.jpg

blog784d.jpg

見る見るうちに熱海の町が小さくなっていきます。

blog784e.jpg

少し船内を物色してみました。船は三層に分かれていて1階は横に慣れる広間、2階はオープンデッキと船室、3階はオープンデッキになっています。

blog784f.jpg

ダイバーの方たちの姿もたくさんありました。

blog784g.jpg

バナナも輸送中です。

blog784h.jpg

初島に近づくと漁船が多くいました。きっとたくさんお魚が釣れるのでしょう。

blog784i.jpg

いよいよ初島が目の前です。たった25分の船旅ですが、離島への上陸のカウントダウンに胸が高鳴ります。

blog784j.jpg

島のお店もしっかり見える距離に近づきました。もうすぐです。

blog784k.jpg

堤防に近づくとたくさんの人が釣りを楽しんでいました。

blog784l.jpg

上陸開始です。結構たくさんの人が乗っていました。皆さんも同様に離島での時間に期待を膨らませている表情です。定期船は富士急さんがやっているようです。どうせなら運行中にちょっとした絶叫アトラクションなんかあったら面白いなんて思っちゃいました。

blog784m.jpg

私たちを乗せてきたイルドバカンス2世号も熱海へ戻っていきました。
また後でお世話になります。

blog784n.jpg

港近くでは漁の網が干されていました。南国のような日差しも島に来たという感じがします。

blog784o.jpg

島歩きもそこそこにお昼ご飯の場所を探します。港近くには漁師さんが経営している食事処が10件くらいあります。

blog784p.jpg

お刺身定食を注文 !
どれもお店の方がとってきたものらしく鮮度抜群 !
サザエが口の中で動いていました。ごめんなさい、でも美味しい !

blog784q.jpg

こちらはイカ丼です。ほぼ初島のご当地グルメ化しているメニューのようです。

blog784r.jpg

付け合せのところてん。初島はところてんの産地でもあって、磯で取れた天草から造られた本物の寒天です。

blog784s.jpg

確かにお店の前で天草が干されていました。

blog784t.jpg

カニのお味噌汁もついています。

blog784u.jpg

こちらは明日葉の天ぷらです。シャキシャキで風味があってとても美味しい !
これも初島名物。

blog784v.jpg

イカの肝焼きもいただきました。全てのお料理が素朴ですがとてもとても美味しい。この食事だけの為に島に来るのもありです。

blog784w.jpg

お腹も一杯になったので、島散策に出発です。

blog784x.jpg

たくさんのダイバーさんが集まっていました。海の中もきっと南国のような感じかもしれません。

blog784y.jpg

咲いているお花たちも南国チック。

blog784z.jpg

道端に普通にストレチア(極楽鳥花)が咲いています。

blog784_a.jpg

島の道はこんな感じです。なんでこんなにのんびり歩けるのかなと考えていたところ。ほとんど自動車が走っていないことに気が付きました。
そうです、島には数台しか車が無いのです。

blog784_b.jpg

のんびりした光景ですが、寂れていない感じです。

blog784_c.jpg

島の真中辺にはアジアンガーデンという有料公園もありました。

blog784_d.jpg

入園料が比較的高価だったので、外から園内をのぞかせていただきました。まさに南国の光景です。

blog784_e.jpg

こんなテントコテージもありました。

blog784_f.jpg

最後に港脇にある漁協の魚介市場を覗きました。
いけすの中にはイセエビや貝がたくさんいました。

今回は島を半周しました。
普段、陸から眺めている初島ですが、こんなに近くて南国に来た気分になれる場所が身近にある事を幸運に思いました。
皆様も是非、初島に行ってみてください。素敵な時間を過ごせると思います。初島最高 !

blog783a.jpg

現在、オープンに向けて急ピッチで準備を行っているバケーションレンタル事業。今日は事業運営に必要な防火管理者の資格を取得する為に弊社スタッフが2日間の講習に参りました。
スタッフの一人が受ける講習の会場は伊東市の港脇にある市民会館
海の渚、山並みも素晴らしいロケーションの中、講義を受けて間いりました。

blog783b.jpg

伊東は日本初の洋式帆船が建造された場所でもあり、ちょうどこの場所で英国人の技術者三浦按針(みうらあんじん)ウイリアム・アダムスが、伊東の船大工とともに作り上げた記念碑がたっています。

blog783c.jpg

徳川家康は何故伊東で船を造れと命じたのかわかりませんが。伊東の方にとっては誇り高い歴史だと思いました。

blog783d.jpg

会場を出るとこんな景色が広がります。自然がたくさん残る素敵な街です。

blog783e.jpg

沖には自衛隊の船も停泊していました。伊東港にはたくさんの自衛隊の船が停泊します。たまに、潜水艦も見ることができます。

blog783f.jpg

2日間の講習を終え、弊社には2名の防火管理者が誕生しました!

blog782a.jpg

今年のゴールデンウィークも終盤も迎え、湯河原町吉浜の前も登りの車で大渋滞です。
皆さんこれからどちらまで帰られるのかわかりませんが、ここから渋滞とは気の毒です。
できれば裏道をお教えしたい気持ちになりました。この道は吉浜海岸砂浜の上を走る真鶴ブルーラインです。
大渋滞の真下にはとてものんびりした時間が流れています。そんなのんびり光景をご紹介します。

blog782b.jpg

夏前という事でそろそろシロギスが釣れる季節。浜ではのんびり投げ釣りをしています。

blog782c.jpg

釣り糸の先にはサーファーが。釣られてしまいそうです。

blog782d.jpg

砂浜の水中はこんな感じです。

blog782e.jpg

穏やかないい感じです。

blog782f.jpg

一方浜の上はこんな感じ。

blog782g.jpg

浜の端にある潮だまりも撮影

blog782h.jpg

たった数メートルの高さの違いでこんなにも違う時間が流れています。
渋滞中の皆様も車を停めて少し浜に下りてみてはと思います。
皆様安全運転でお帰り下さい!

blog781.jpg

先日の「ROJI KAEDE」 が成約のブログのページでお知らせした、新しい西山町の売地のページを公開しました。販売図面は鋭意作成中です。もうしばらくお待ちください。

熱海市西山町売地(市営温泉可能)

blog780a.jpg

外シャワーが完成したので、その気持ちよさを体験すべく、海に入るところから順序を守ってテストを行いました。今日は波が全くないので先の丸っこいタンカーみたいな板で入水です。

blog780b.jpg

天気も良く、水も透明感があって気持ち良いコンディションです。

blog780c.jpg

水中カメラを持参したので、水の中を撮影してみました。
吉浜の水は一年を通してとても綺麗です。

blog780d.jpg

サーフボードを水中から見るとこんな感じです。

blog780e.jpg

板の下に空気がたまっているのがわかります。サーフボードは意外と緻密に造られていて、この空気や水をスムーズに流す為に、細かい細工がされています。

blog780f.jpg

ゴールデンウィークなので波は無くても、たくさんの人が出ていました。

blog780g.jpg

振り返ると吉浜の丘の緑が目に入ります。とても素敵な環境です。

blog780h.jpg

水と太陽 自然の描く美しさは形容しがたいものがあります。

blog780i.jpg

同じく美しい光景です。

blog780j.jpg

乗る波も無いのでシャワーに向かいます。

blog780k.jpg

外塀もそりが出始めて味が出てきました。錆びついた自転車が良く似合います。

blog780l.jpg

奥から男子トイレ、男女兼用トイレ、更衣室&室内シャワールームの扉が並びます。

blog780m.jpg

シャワールームの中はこんな感じです。腰扉はアメリカの共同シャワールームをイメージしたスゥイングドアです。ここにバスタオルをかけてもらうと雰囲気が出ると思います。

blog780n.jpg

外シャワーはこんな感じ。海外のリゾート地にでも来ている錯覚をもっていただければと思いデザインしました。

blog780o.jpg

仮のサインですが、こんな感じで表示する予定です。この扉もスゥイングドア。高さは肩から膝まで隠れる感じです。

blog780p.jpg

粗雑な板張りに白ペンキ。水のはじき方。イメージ通りの出来栄えです。

blog780q.jpg

いよいよシャワーの気持ちよさテストです!
太陽が反射する白壁に囲まれたブースで、青空を仰ぎながら海上がりのご機嫌なシャワーを浴びる。水圧も最高、雰囲気も最高。シャワーブースのデザイン大成功です。

blog780r.jpg

板と一緒にシャワーを浴びるのも醍醐味のひとつです。

blog780s.jpg

すばらしい。

blog780t.jpg

頭を拭きながら板も拭きます。これもまた醍醐味です。芝生の上に板を置くのも醍醐味。一連の流れを終えた感想としては、イウコトナシでございます。

blog780u.jpg

既に駐車場の営業が開始していてお客さんがこの場所を利用しています。この板は川崎から来られたファミリーの方の板です。あまりに色が綺麗だったので撮影させていただきました。

blog780x.jpg

お穣さんとお父さんで海に入っていたようです。素敵なファミリーでした。
以上、シャワーテスト完了でございます。

湯河原町吉浜近くの物件はこちら

blog779.jpg

今回ご紹介させていただく不動産は、
箱根の玄関口である箱根湯本駅、その箱根湯本駅の目の前を流れる早川沿いを歩くこと11分の距離にある物件です。

緑豊かな箱根の山々や早川の潺を目の前で楽しめる物件です。
この箱根湯本駅徒歩11分の早川沿いの売地の、ご案内ご希望やご質問等がございましたら弊社ホームページ内のお問い合わせフォームもしくはフリーダイヤルでお問い合わせください

blog778a.jpg

現在進行中のバケーションレンタルユニット制作の経過報告です。
基礎工事も始まり、昨日ベースコンクリートを打設したとの連絡が工務店さん(若井工務店)から入ったので現地確認です。
とても綺麗に鉄筋が配筋されていて頑丈そうな基礎ができそうです。

blog778b.jpg

メタセコイヤを囲んで建物が配置されています。50坪を超える広さの平家は、さすがに大きく感じます。木の先には水盤を造る予定で基礎と一体にコンクリートを打設します。これから基礎の立ち上がり型枠組が始まります。
7月のOpenに向けて皆さんよろしくお願いします。

blog777a.jpg

5月5日に開催される、熱海来宮神社の大楠祭に向けて、境内の下草補充を行いました。
昨年植えたシャガに加えて、アガパンサスを植え込みました。参道や大楠の周りがさらにみずみずしくなりました。

blog777b.jpg

本殿の裏側にもシャガを植え込みました。

blog777c.jpg

今日は神社の裏手にある熱海私営温泉の源泉を撮影しました。この源泉からは、常に湯けむりが立ち上がり、源泉の中でも特に元気な源泉です。

blog777d.jpg

根元のバルブの周りからは圧力にたえきれず湯気が噴出しています。
来宮神社へお越しの方は是非お立ち寄りになると良いと思います。
地下から湧き出す自然のパワーを感じられます。

この源泉近くの物件はこちら

blog776.jpg

熱海市西山町の温泉付別荘「Roji Kaede」が成約となりました。ありがとうございました。

近日中に温泉付別荘「Roji Kaede」に続き、温泉引き込み可能な西山町の土地も公開いたししますので、西山町で不動産をお探しのお客様は、楽しみにしてください。

新着物件

RSS

小田原市板橋 中古戸建て 

小田原市板橋 中古戸建て 

8,900万円

相模湾を見下ろす丘の上。旧東海道「小田原宿 上方口」歴史ある宿場町の情緒が漂う粋な場所。リゾートとしても住まいとしても暮らせる城下町小田原の素敵なラグジュアリーユニット「AKIBAYA TERRACE」のご紹介です。

小田原市板橋 中古戸建て の詳細

真鶴町 真鶴半島内 売ビル

真鶴町 真鶴半島内 売ビル

24,800万円

相模湾に突き出た半島の峰筋に建つ真っ白な多目的ビルのご紹介です。

真鶴町 真鶴半島内 売ビルの詳細

箱根町宮城野 温泉付中古売山荘

 箱根町宮城野 温泉付中古売山荘

5,480万円

広大な自然保護区に囲まれたロケーション。大自然を体感するラグジュアリーマウンテンヴィラ。

 箱根町宮城野 温泉付中古売山荘の詳細

小田原市南町 「城下町リゾート」 中古戸建

小田原市南町 「城下町リゾート」 中古戸建

8,250万円

小田原城の南側、交通・生活の利便性が高い天神山から城下町と相模湾を望む重厚感のあるユニット。

小田原市南町 「城下町リゾート」 中古戸建の詳細

湯河原町吉浜 相模湾を一望する中古戸建て

湯河原町吉浜 相模湾を一望する中古戸建て商談中

3,500万円

相模湾を一望する湯河原町吉浜の丘の上。静かな森をバックに南向きに大きく開いた前庭が魅力のユニットです。

湯河原町吉浜 相模湾を一望する中古戸建ての詳細

プロデュース

プロデュース

当社デザインプロデュース作品のご紹介

ヴィラサービス

ヴィラサービス

別荘・リゾートマンションの管理・清掃サービスのご案内

オオクスライフアシスト

オオクスライフアシスト

有限会社オオクスライフアシスト
〒259-0312 神奈川県足柄下郡
湯河原町吉浜929番地7
0120-817-094