2016年7月のアーカイブ

blog1202a.jpg

ジローラモさんが表紙を飾る大人の男性向けファッション雑誌「LEON」8月号の特集「オヤジの夏は半袖とともに」のロケ地に弊社THE SALON ATAMIをご利用になりました!

blog1202b.jpg

ベッドルームからも波音が聞こえそうなヴァカンスの雰囲気がよく出ています。

blog1202c.jpg

風を感じるテラス。

blog1202e.jpg

プールもあって夏のヴァカンスには最高のロケーションです。

blog1202d.jpg

陽射しが眩しい夏本番。プールに飛び込んでしまいそうなジローラモさんでした。

blog1202f.jpg

雑誌の撮影などにも使われることの多いTHE SALON ATAMIは、最大大人6名様でご利用になれる貸別荘です。海を眺めながらプールにも入れる、リッチなヴァカンスを過ごしたい方にオススメです! 詳細はオオクスバケーションレンタルズのホームページをご覧ください。

車の話

2016年7月28日 17:34 |

blog1201a.jpg

別荘を探している方、すでに所有している方とのお話の中で、不動産の話題の次に多いのが車のお話し。いままでの愛車遍歴と今ほしい車の話など車談義に熱くなることもしばしば。 この日はおもしろい車が入れるということで都内への出張の傍ら車を拝見してきました。写真の車両はフェラーリ308GTB.。ピニンファリーナがデザインした40年ほど前の車両。

blog1201b.jpg

40代半ばのサーキットのオオカミ世代の当ブログライターにとっては「イメージ通りのフェラーリ」のデザインです。眺める角度によって美しいポイントをいくらでも見つけられるデザインのボディにはV8 3.0リッターのミッドシップエンジンが積まれています。「運転してみますか?」と言われましたが、とても操縦する自身もテクニックもないので本心からお断りし助手席に乗せていただくことに。

blog1201c.jpg

乗車するために車に触れてみると細部のシャープさと美しいパーツに感激。質の良い家具や照明などのインテリアに触れている感覚。

blog1201d.jpg

ダッシュボードやドアの内張りもアールの加減と皮の質感がヴィンテージ家具的な雰囲気。ガソリンと内装の匂いが混ざっていい感じ。パワーウインドウのボタンのシンプルさに引き算の美しさを感じます。

blog1201e.jpg

発信するのに必要なルーティン作業(若干祈りながらの儀式的)を慎重に行い、エンジンに火を入れます。すでに少し走行してきていたのであっという間にレトロエンジンが唸りを上げました。

blog1201f.jpg

振動というより鼓動的なエンジン運動を感じながらスタート。

blog1201g.jpg

背中の後ろからダイレクトにエンジンの息遣いを感じます。

blog1201h.jpg

フェラーリエンブレムのキーフォルダーを軽快に揺らしながら、通りゆく人の熱い視線を感じつつ町を進みます。

blog1201i.jpg

オーナーさんは巧みにシフトチェンジを行っていましたが、簡単には操縦できないのが手さばきから感じられます。それにしてもこの内装、車格は全然違いますが、子供のころに乗せられていた車の雰囲気によく似ていて懐かしさを感じました。

blog1201j.jpg

ペダル類もかなりシンプルクラッチは結構重いらしく、オーナーさんから聞いた後日談としては夜足がつってしまったとか。

blog1201k.jpg

そうそう、スピードメーターの文字盤のデザインと

blog1201l.jpg

エンブレムのデザインが同じということも特徴と教えていただきました。維持するのも乗りこなすのも大変な車ですがヴィンテージ家具のような美しさを感じる車でした。そしてもうひとつの目的だった1台とご対面、ヴィンテージカーではありませんがレトロ・クラシック的な印象をうける車。

blog1201m.jpg

それは「メルセデス・ベンツ・SLS AMG」。前述のフェラーリオーナー御用達の自動車工場に整備入庫していた車両です。この自動車工場さん、見た目はどの町にもある普通な感じの工場ですが、その技術力の高さから世界のスペシャルカーが整備のために入庫するすごい工場でした。ちょうどこの日も映像でしか見たことがなかったウルトラカーが整備をまっていました。

blog1201n.jpg

AMG SLSの話に戻りますと、この車は2009年のフランクフルトモーターショーに登場したAMGが独自ですべてを作り上げたシリーズで、1950年代から60年代にかけて造られたメルセデス・ベンツ・300SL(石原裕次郎の愛車として有名)を彷彿とさせる外観です。6.2リッターのNA(自然吸気)エンジン。ダウンサイジングターボ全盛のこの時代に逆行した仕組みもオヤジの車と行った感じです。見た目はクラシカルですが570馬力のFR(後輪駆動)は1960年代のアメリカンマッスルカー的豪快なトルクをもっています。

blog1201o.jpg

そして圧巻はガルウイングドア。

blog1201p.jpg

クラシカル・アメリカンマッスル・ガルウイング、若干訳の分からない車ですが不思議な魅力を持っていました。

blog1201q.jpg

いつもは来店されるお客様の車を眺めるばかりですが、たまには遠征して見に行くのもよいものでした。ますます車の世界が楽しくなりそうです。「別荘と車と遊び」別荘ライフの3点セットとしてこれからも個性的な車をご紹介して参ります。以上、車のお話でした。

甘夏ジャム

2016年7月28日 15:48 |

blog1200a.jpg

初夏、たわわに実る大きくて甘酸っぱい甘夏を、贅沢にも実の部分だけを使ってジャムにしてみました。(売り物ではありません)皮を刻んで入れるマーマレードよりも苦味がなく食べやすい味です。

blog1200b.jpg

日当たりが良くて海風に吹かれる湯河原や熱海の丘の上にはミカン畑がたくさんあります。 今の時期の甘夏は、こんなふうに木に残されたままの黄色い実と、来年に向けて成長する青い実が混在している姿をよく見かけます。

blog1200c.jpg

5月頃、白くて可愛いミカンの花があちこちで咲き、甘い薫りに蜂たちが飛んできます。

blog1200d.jpg

こちらはバレンシアオレンジ。初夏に実るニューサマーオレンジと並んで人気です。 お庭にレモンや柚子などを植えているお宅も多く、この地域に暮らす楽しみのひとつですね。 以上、甘夏とジャム作りのお話でした。

blog1199.jpg

相模湾を一望する丘の上。伸びやかな敷地に建つ露天風呂付邸宅のご紹介です。物件の詳細は、湯河原町吉浜 露天風呂付中古戸建のページを御覧ください。

blog1198a.jpg

参道を竹林のトンネルにした前回の工事に続いて本殿広場にも竹を植栽しました。

blog1198b.jpg

今回は栃木県の竹の産地まで造園業者(楓翠苑)さんが車を飛ばし、美しい樹形のアケボノモウソウをいけました。10本程度の植え込みでしたが葉張りが良いものだったので、竹林感が十分演出できました。

blog1198c.jpg

これから熱海も行楽シーズンに突注します。参拝者さんに少しでも竹の清涼感と軽やかさを感じていただければと思います。以上、神社の境内をデザインする仕事のお話でした。

blog1197a.jpg

弊社業務の一環であるご別荘の保守管理サービス「OOKUSU VILLA SERVICE」の作業風景をご紹介します。快適な別荘ライフを過ごしていただくには日ごろの建物や庭園管理が必須です。別荘利用時に掃除から始まり掃除に終わってしまっては、非日常のオフタイムにはなりません。私たちスタッフはご不在時の別荘の管理を日々行っております。

blog1197b.jpg

おトイレの水がたまっている部分は水垢がつきやすい場所。サービスのたびについてしまった水垢のリングを綺麗に落としていきます。

blog1197c.jpg

天然素材がふんだんに使われていることも多い別荘の建材の清掃は材料によって清掃方法も異なるので気を使います。

blog1197d.jpg

それぞれのご別荘には専用のカルテを造りカルテを確認しながら作業を行います。

blog1197e.jpg

夏場に活躍するプールの清掃は大仕事。水底のゴミや虫などを取り除きます。

blog1197f.jpg

こちらのプールは大きいので水中掃除機を使っての清掃。

blog1197g.jpg

かなりの吸引力でゴミを集めます。

blog1197h.jpg

濾過装置のフィルターの清掃も大切。

blog1197i.jpg

塩素管理も定期的に行います。数十件のご別荘を一年中管理する仕事はとても大変ですが大事な任務です。これから利用が増える夏本番。忙しい日々が続きます。以上、別荘管理の仕事のお話でした。

水蒸気の中に

2016年7月25日 17:28 |

blog1196a.jpg

ちょっと前の週末の朝。いつものようにオフイスから海を眺めていると海面から水蒸気が立ち昇る光景に出合いました。いかにも「これから暑くなりますよ」といった雰囲気です。

blog1196b.jpg

そんな光景をしばらく眺めていると靄の中に黒い影があるのに気が付きました。ヨット群です。ヨットレースでしょうか、時々三角帆の集団が沖へ向かう光景を目にします。濃密でむせ返るような靄の中を海面をきって駆けるのは幻想的だろうなと想像します。

blog1196c.jpg

そして吉浜の少し沖には豪華なクルーザーも東に向かって海面を滑っていきます。特に忙しい週末の業務を放り出して船上にいる自分を妄想します。

blog1196d.jpg

東の沖に消えてゆくヨット群に手を振り現実の世界へ戻ります。以上、水蒸気の中を走るヨットのお話でした。

こんな光景を眺められる物件はコチラです。 ↓↓↓
・Light House
・binocolo
・Hang five V
・MagnoriaTree
・the blue Terrace
・the Lotus

コシアカツバメ

2016年7月22日 16:54 |

blog1195a.jpg

毎年同じ場所に巣をつくりにやってくるコシアカツバメ。普段よく見かけるツバメと少し違って雅な雰囲気をもっています。

blog1195b.jpg

彼らが造る巣も特徴的で一般的なおわん型ではなくトックリ型。見事な造形です。前年の巣が残っていればそれを修復して使っていますが、今年は新築していました。大体1週間もあれば完成させています。

blog1195c.jpg

この日はあいにくの雨でしたが元気に飛び回っていました。最近では顔なじみになったのか近くを歩いても逃げないでこちらが観察されている気がします。毎年元気な姿を見せてくれる彼らに日々の喜びを感じます。以上、コシアカツバメのお話でした。

blog1194.jpg

湯河原 中古リゾートマンション(温泉付)がご成約となりました。この場を借りて厚く御礼申し上げます。この他にもマンションのお取り扱いがございますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

om0133top2.jpg

小田原「お堀端」築浅中古マンションがご成約となりました。この場を借りて厚く御礼申し上げます。その他にもマンションの取り扱いがございますので、お気軽にお問い合わせください。

blog1193.jpg

熱海市海光町 中古戸建が価格変更となりました。物件の詳細は、熱海市海光町 中古戸建てのページを御覧ください。現地ご案内も可能でございますので、ぜひお問い合わせ下さい。

ak0146blog.jpg

曲がりくねった坂道の桜並木が美しいコンパクトな別荘街に建つユニットのご紹介です。物件の詳細は、熱海市泉桜ヶ丘別荘地温泉付中古戸建のページを御覧ください。

blog1192.jpg

アートギャラリーとしても使われ、玄関の扉を開けると訪れる人がハッと息をのむような別世界が広がっています。海と空の青が白壁に映えるこのスタイリッシュなユニットを是非ご見学ください!物件の詳細は、真鶴町真鶴半島内中古戸建てのページを御覧ください。

新着物件

RSS

小田原市板橋 中古戸建て 

小田原市板橋 中古戸建て 

8,900万円

相模湾を見下ろす丘の上。旧東海道「小田原宿 上方口」歴史ある宿場町の情緒が漂う粋な場所。リゾートとしても住まいとしても暮らせる城下町小田原の素敵なラグジュアリーユニット「AKIBAYA TERRACE」のご紹介です。

小田原市板橋 中古戸建て の詳細

真鶴町 真鶴半島内 売ビル

真鶴町 真鶴半島内 売ビル

24,800万円

相模湾に突き出た半島の峰筋に建つ真っ白な多目的ビルのご紹介です。

真鶴町 真鶴半島内 売ビルの詳細

箱根町宮城野 温泉付中古売山荘

 箱根町宮城野 温泉付中古売山荘

5,480万円

広大な自然保護区に囲まれたロケーション。大自然を体感するラグジュアリーマウンテンヴィラ。

 箱根町宮城野 温泉付中古売山荘の詳細

小田原市南町 「城下町リゾート」 中古戸建

小田原市南町 「城下町リゾート」 中古戸建

8,250万円

小田原城の南側、交通・生活の利便性が高い天神山から城下町と相模湾を望む重厚感のあるユニット。

小田原市南町 「城下町リゾート」 中古戸建の詳細

湯河原町吉浜 相模湾を一望する中古戸建て

湯河原町吉浜 相模湾を一望する中古戸建て商談中

3,500万円

相模湾を一望する湯河原町吉浜の丘の上。静かな森をバックに南向きに大きく開いた前庭が魅力のユニットです。

湯河原町吉浜 相模湾を一望する中古戸建ての詳細

プロデュース

プロデュース

当社デザインプロデュース作品のご紹介

ヴィラサービス

ヴィラサービス

別荘・リゾートマンションの管理・清掃サービスのご案内

オオクスライフアシスト

オオクスライフアシスト

有限会社オオクスライフアシスト
〒259-0312 神奈川県足柄下郡
湯河原町吉浜929番地7
0120-817-094