沖縄の仕事

2016年8月10日 13:52 |

blog1208a.jpg

沖縄県恩納村。エメラルドグリーン色に輝くビーチサイドの宿泊施設の撮影に出張しました。その模様を一部ご紹介。朝6:20発のいつものフライトで沖縄へ向かいます。

blog1208b.jpg

オンシーズンの為、早朝の便なのに満席。身動きの取れない2時間半の旅です。

blog1208c.jpg

先月と合わせてこの航空会社には3回目の搭乗。

blog1208d.jpg

少し眠れたおかげで気分的にはあっという間に那覇へ到着。

blog1208e.jpg

空港の建物が昭和の匂いがしたので、写真も昭和調に加工してみました。

blog1208f.jpg

南国独特のむっとする重たく湿り気のある空気です。

blog1208g.jpg

レンタカー会社のバスに揺られて10分弱。目にする飛行機や船が米軍のものに見えたりしますが、那覇空港周辺は日本の基地や船が主体です。写真は海保の巡視船。「海猿」のドラマを思い出します。

blog1208h.jpg

恩納村までの車の移動もだいぶ慣れた感じで、間違えずに無事到着。目的地から一番近い車で5分ほどのところにある自動販売機で飲み物を買い撮影前の休憩。脇に咲いていた花をスナップ。沖縄に来たって感じです。この灼熱の太陽と気温の中、仕事をすると思うとだいぶテンションが下がりますが、わざわざ神奈川県の端っこにある不動産屋に依頼してくださるオーナーのことを思えばこれから36時間、フルスロットルで勤めさせていただかなくてはなりません。

blog1208i.jpg

潤した喉もあっという間に蒸発しましたが、ユニットの撮影開始です。 今回は撮影だけでなく、インテリアのコーディネートとエクステリアのリフォームデザインも行わせていただいたので、その出来上がりも確認していきます。ボロボロだったラナイテラスを修復し、宿泊者が雨でも楽しめるようにしました。

blog1208j.jpg

室内の家具はすべて新調。沖縄県内では選択肢があまりなかったので関西の家具店からすべてのアイテムを直送。設置の当日は家具店の社長さんも大阪から立ち合いに来てくれたとのこと。今回の家具選びのポイントは丈夫で長持ち。布系のものは避け木製の家具を選びました。

blog1208k.jpg

しっかりと木の美しさと暖かみを感じる素敵な家具たちです。ベッドはホテル仕様のものをチョイス。こちらも沖縄県外から直送。世界中の人が訪れる場所なので、しっかりとした寝具を選びました。

blog1208l.jpg

一通り撮影を終えしばしリラックス。

blog1208m.jpg

今回の出張では海に浸かる機会はありませんでした。

blog1208n.jpg

その後、宿泊施設からもっとも近いスーパーに買い出し。バケーションレンタル施設は地元食材を仕入れて調理するのも醍醐味の一つ。宿泊する方への情報としての撮影も兼ねました。

blog1208o.jpg

地元食材がたくさん並ぶこのスーパーは期待通りの品ぞろえ。

blog1208p.jpg

野菜はもちろん特に肉類はたくさんの種類があり、その安さに驚きました。

blog1208q.jpg

酒飲みにはたまらない泡盛もより取り見取りです。

blog1208r.jpg

買い出しを終えユニットに戻りようやく夕食です。

blog1208s.jpg

今回はこのオリジナルで制作したBBQグリルのテストも兼ねました。食材との距離調整と温度の高い場所と低い場所を造れるところがポイントのグリルです。

blog1208t.jpg

結果的にはこの焼け具合と肉汁感。合格点ではないでしょうか。そしてお肉もとても美味い。沖縄は美味くて安い肉がどこでも手に入る感じです。

blog1208u.jpg

翌日も撮影を行いこの日に合わせてオーダーされていたシーカヤックも無事に引取り。

blog1208v.jpg

もともと用意されていたシーカヤックです。撤収前にオーナーさんもひと遊びです。

blog1208w.jpg

出発前には前日に残った食材でオーナーさんがちゃちゃっと料理。

blog1208x.jpg

今回の取材ではかなりお世話になった「さんぴん茶」とともに丸ちゃん焼きそば「沖縄食材仕立て」で打ち上げです。

blog1208y.jpg

オーナーさんと別れ少し時間があったので観光名所を少し取材。

blog1208z.jpg

手書きのコカコーラの文字が入った不思議な椅子を眺めながら黄色い販売機で飲み物を仕入れ芝生の上をうろつきます。この余裕な時間が後で大変なことになるのですが・・・

blog1208aa.jpg

一人遠望台に登り沖縄の海を眺めます。

blog1208ab.jpg

今回制作した宿泊ユニットから車で5分ほどのところにある、この観光スポット「眞栄田岬」はダイビングのメッカ。

blog1208ac.jpg

体験ダイビングも盛んらしくインストラクターと共にたくさんの人が美しいリーフにエントリーしていました。

blog1208ad.jpg

沖でも他から集まったダイビング船が終結していました。今度来たときは潜ってみたいものです。ということで、ここで沖縄の仕事が終わったわけですが、余裕で空港までたどり着けると思ったのが大誤算、途中前も見えなくなるほどの激しいスコールに会い、それが影響してか、国道58号線が宜野湾から那覇市内まで大渋滞。

blog1208ae.jpg ようやくたどり着いた空港から10分ほどの距離にあるレンタカー会社には、飛行機出発の20分前。車を飛び下りレンタカー会社のスタッフに事情を話すと、沖縄の優しいイントネーションで「大丈夫。間に合わせます」と、到着したばかりのシャトルバスをすぐ出発させてくれました。おまけに同乗者がいたのですが、空港で他のお客が降り、一緒に下りようとした際に「下りないで!カウンターの目の前に着けるから」と、心強いお言葉。一瞬ですが同志的感覚というか、昔見た「トラック野郎」という映画の、荷物を間に合わせるために全力でトラックを走らせていた、星桃次郎(菅原文太)を思い出しました。着いた際には「大丈夫!間にあうよー」と背中から声をかけてもらい「また、使わせてもらうよ、ニッポンレンタカー沖縄!ありがとう」というドラマチックな結末も用意されていました。空港では時間が無いにもかかわらず、絶対に買ってこいと言われていたサトウキビを求め、ギリギリ飛行機にたどり着くことができました。これから、沖縄に行かれる方は国道58号線の夕方の大渋滞是非気を付けていただきたいと思います。以上、沖縄の仕事の話でした。

今回プロデュースさせていただいたバケーションレンタルユニットはコチラです。↓↓↓
・SCALLOP BEACH APARTMENT Room B

沖縄のビーチをしっかり楽しめるユニットです!ぜひご滞在ください!

新着物件

RSS

小田原市南町 「城下町リゾート」 中古戸建

小田原市南町 「城下町リゾート」 中古戸建

8,250万円

小田原城の南側、交通・生活の利便性が高い天神山から城下町と相模湾を望む重厚感のあるユニット。

小田原市南町 「城下町リゾート」 中古戸建の詳細

湯河原町吉浜 相模湾を一望する中古戸建て

湯河原町吉浜 相模湾を一望する中古戸建て

3,500万円

相模湾を一望する湯河原町吉浜の丘の上。静かな森をバックに南向きに大きく開いた前庭が魅力のユニットです。

湯河原町吉浜 相模湾を一望する中古戸建ての詳細

湯河原町吉浜 中古リゾートレジデンス(温泉あり)

湯河原町吉浜 中古リゾートレジデンス(温泉あり)

4,000万円

ビーチラバーにお勧めする温泉付きリゾートアパートメント。

湯河原町吉浜 中古リゾートレジデンス(温泉あり)の詳細

湯河原町吉浜 売地(古家あり)

湯河原町吉浜 売地(古家あり)

2,500万円

相模湾を一望できる湯河原町吉浜の丘の上。季節の草花や果樹を1年中楽しめる陽当たり抜群な約276坪の土地。

湯河原町吉浜 売地(古家あり)の詳細

大磯町西小磯 茶室・露天風呂つき中古戸建

大磯町西小磯 茶室・露天風呂つき中古戸建

15,000万円

大磯の小高い丘の上から富士山と相模湾を見渡すユニットの登場です。

大磯町西小磯 茶室・露天風呂つき中古戸建の詳細

プロデュース

プロデュース

当社デザインプロデュース作品のご紹介

ヴィラサービス

ヴィラサービス

別荘・リゾートマンションの管理・清掃サービスのご案内

オオクスライフアシスト

オオクスライフアシスト

有限会社オオクスライフアシスト
〒259-0312 神奈川県足柄下郡
湯河原町吉浜929番地7
0120-817-094