オーシャンライフ NEW 2018.04.16

湯河原・真鶴の美しい海岸

 

アクセスの良い伊豆の玄関口にあるビーチ

海で過ごす休日(真鶴・湯河原編)

熱海や湯河原を別荘や移住先に選ぶ方々にその魅力を尋ねると、「首都圏からアクセスも良く、海、山、温泉がある」「大自然の中で暮らしたい」という声をよく聞きます。弊社オフィスも相模湾に面した吉浜海岸から徒歩30秒。日々、波の様子や沖に浮かぶ初島を見ながら仕事をしています。
今回は伊豆半島の玄関先ともいえる当地でおすすめのビーチをご紹介。
ビーチごとの特徴を掴んで、地元の人と同じように季節やシーンに合わせた使い分けをしてロコ気分になるのもいいかもしれません。

 




 車で岩大橋を通っていても見えるビーチ


真鶴・岩海岸 ファミリー向けコンパクトビーチ

真鶴で唯一の砂浜がある岩海岸は、目の前に真鶴道路の岩大橋がそびえ、右側には漁港も備えた小さな入り江。赤い鳥居が印象的な弁天島と呼ばれる小さな岩礁をはじめ、左手にはごつごつした岩場があり、磯遊びを楽しむ親子連れも見かけます。優しい波が小さなお子様のいるファミリーに人気で、夏場は海水浴を楽しむ家族連れが訪れ、カラフルなテントがビーチにたくさん並びます。
真鶴駅から徒歩約15分ですが、小さな駐車場を備え車で来る人も少なくありません。(夏季は有料1,500円/日)トイレと無料のシャワーもありますが、売店は多くないのでお弁当を持参する人も多いようです。


海水浴場開設期間:2018年7月14日(土)~8月下旬(未定)



静かな遠浅の砂浜は子連れファミリーに人気

 



 吉浜海岸

湯河原・吉浜海岸 波乗りが集まるサーフスポット

東京方面から車で湯河原に遊びに来ると、吉浜福浦のあたりでわずかにカーブする道路から真鶴道路の下にビーチが広がっているのを目の当たりにします。打ち寄せる良い波を待つサーファーたちの数に驚嘆の声を上げる観光客も少なくありません。
南東に向いた吉浜海岸は一年中サーファーが集まるサーフスポット。国道135号線沿いには有料の駐車場がいくつか並んでいます。サーフボードを原付バイクに積んで海に向かう地元サーファーも珍しくありません。
吉浜海岸には熱海のビーチと違って公共の更衣室などの施設がありません。国道を渡る横断歩道は4か所、湯河原町のヘルシープラザ前には横断歩道を渡らずにビーチへ降りる階段が設置されています。
弊社オフィスは細長い吉浜海岸の真鶴寄り、ビーチから徒歩1分の国道沿いに位置しています。ビーチを利用される方のためのパーキングを8台分、お湯の出る清潔なシャワーやトイレも備えていますので、是非ご利用ください。

OOKUSU BEACH PARKING
場所:湯河原町吉浜929-7 アメリカ西海岸を思わせる真っ白な壁が目印です
 
※海水浴シーズンは別料金


吉浜海岸のサーファーたち


夏季は海の家が登場

吉浜海岸では7月の海開きに向けて、真鶴道路の高架下にずらりと海の家が建設されます。国道沿いには夏季限定の海の家とセットになった駐車場もオープン。夏の観光シーズンは多くの海水浴客で賑わうため、サーフィンは夕方以降にお預けです。
海の家ではジュースやビール、焼きそばやかき氷などが注文でき、遊び疲れたらゆっくり休憩できる座敷スペース、コインシャワーなどの設備も用意されています。公共の施設がない吉浜海岸での海水浴にはやはり海の家は欠かせません。
もちろん自分でテントや食べ物を持参する場合は、普通の駐車場に停めて荷物を持ってビーチへ。
吉浜海岸から国道を南西へ少し歩けばローソンやエスポットモールにファーストフードのお店もあるのでうまく利用しましょう。海からあがったら近隣には日帰り温泉もあるのが湯河原の魅力。老若男女問わず休日を思いきり楽しめそうです。


夏季は海水浴場として海の家がひしめく吉浜海岸

海水浴場開設期間:2018年7月14日(土)~8月31日(水)

湯河原温泉海上花火大会
2018年7月16日(月・祝) 
    8月3日(金) 毎年8/2,3は町をあげてのお祭り「やっさまつり」が開催されています。