小田原市板橋 中古戸建て 

小田原市板橋 中古戸建て 

8,480万円

ok0174bn.jpg

ok0174a.jpg

関東一円を支配した戦国大名北条氏の拠点小田原城。この街の暮らしのかたわらには、いつも天守のシルエットを感じる。

ok0174b.jpg

神奈川県の西端にある特例都市。古い町屋と近代的なビルが混在するエキゾチックな街。東海道本線、東海道新幹線、小田急線、箱根登山鉄道、大雄山線が乗り入れるハブ的役割も担う。

ok0174c.jpg

この美しく風情ある小田原中心街から

ok0174d.jpg

今回ご紹介するユニットは箱根に向かって一駅先の「箱根板橋」が最寄り駅。

ok0174bp.jpg

北条氏が小田原を治めていた頃、早川から取水し小田原城下へ水を引き入れる水道「小田原早川上水」が作られその上水上に板の橋がかかっていたことから「板橋」という地名になったらしい。今でも通りの片隅に透明度の高い水が流れている。

ok0174bq.jpg

板橋の町並みは美しい。風格のある神社や寺が点在し京都や鎌倉的な雰囲気の中、昔ながらの店も点在する。

ok0174br.jpg

歴史的な建築物として名所とされている場所も多く、旧跡をたどる旅行客の姿も珍しくない。

ok0174bs.jpg

政界、財界、文化人の屋敷跡も多く庭園の樹木の緑が街を潤している。

ok0174bt.jpg

そんな美しく風情ある町並みから少し丘を登り

ok0174e.jpg

見晴らしが良くなってきたあたりに今回ご紹介するユニットがある。

ok0174f.jpg

アプローチの植栽と乱貼りされた明るい色の石張りの相性がとても良い。

ok0174g.jpg

コンクリート製のボックスカルバートで作られたガレージはコンパクカーであれば3台の収容力。シャッターはもちろん電動開閉。ガレージの前にもゆったりと駐車できるスペースがあるのもうれしい。

ok0174bu.jpg

愛車の傍らに趣味の道具を並べられる。(写真は物件のものではありません)

ok0174h.jpg

木々に覆われた木漏れ日の美しいアプローチの階段を昇る。

ok0174i.jpg

レンガ張りの外壁とオールドスタイルの照明にこの家の重厚さを感じる。

ok0174j.jpg

建物の西側には南側のテラスに続くコンパクトなガーデンが用意されている。乱積みされた石調の外壁と覆いかぶさる枝葉のカラーバランスが美しい。

ok0174k.jpg

北側隣地との堺に設けられた白い木柵も印象的で庭内の樹木のグリーンと調和が取れている。海も近いエリアならではの軽やかさがしっかりと感じられる設え。

ok0174l.jpg

コンパクトなスペースだが色々な種類の植物が育てられている。

ok0174m.jpg

いよいよメインエントランスへ。英国建築を思わせる重厚な両開きの玄関扉は家の品格を物語っている。

ok0174n.jpg

梨地の型ガラスとアイアン格子は飽きのこないデザイン。

ok0174o.jpg

エントランスに入ると広々としたホールが広がる。建築コストを考えれば節約したい部分だが、この空間に豊かさを感じる。

ok0174p.jpg

居室同士を経てる廊下。その先にはこのユニットの一番の特徴といえるテラスが用意されている。

ok0174q.jpg

南西方南に突き出してレイアウトされたテラスは大型船の船首甲板を思わせる。そしてとにかく広い。

ok0174r.jpg

テラスの周りはコンパクトなガーデンがある。

ok0174s.jpg

2階のバルコニーを屋根代わりにしたテラスの一部は多少の雨なら大丈夫。

ok0174t.jpg

南側の景色は早川の町とその先に広がる相模湾。時折通過するJR東海道線と東海道新幹線が景色に動きをもたらす。鉄道模型を眺めているよう。

ok0174u.jpg

西側には板橋の別荘街の森が広がる。一日中陽があたるロケーション。

ok0174v.jpg

家を挟んでテラスの反対側(北側)にはコンパクトなキッチンガーデンが造られている。

ok0174w.jpg

木で造られた白く塗られた物干し台に竹の竿。ガーデンの緑とあいまった光景は、洗濯洗剤のコマーシャルを思い出させる。

ok0174x.jpg

建物内の紹介に入ろう。ミディアムダークブラウンを基調としたフロアー板は質感が良い。腰板にはデコレーションが施されている。

ok0174y.jpg

1階の間取りは洋間と和室の3部屋。西側の洋室は余裕のあるクローゼットを備えている。また、その他の部屋の収納も充実。玄関ホールには玄関を常に整然とさせられるシューズクローゼットや大型のストレージ。機能面も申し分ない。そして、すべての居室はテラスにコネクトしその先に相模湾を眺める。

ok0174z.jpg

洋室の設えも手抜きのない設え大型のベッドが余裕で納まるホテル的な雰囲気。

ok0174aa.jpg

ピカピカに磨き上げられた床板は頬ずりしたくなる感じ。奥の扉はストレージの入り口。

ok0174ab.jpg

トイレの仕上げも同様。手抜きがない。

ok0174ac.jpg

ご覧の通りエントランスホールの一部は吹き抜けになっている。そのことで北側にあるホールもとても明るい。

ok0174ad.jpg

ちょうど良いアール形状の階段手すりに手を滑らせながら2階へ。踊り場の途中から少しだけ2階の様子が伺える。竿縁天井と空のコントラストが印象的。

ok0174ae.jpg

2階にも階段ホールがあってそれぞれの部屋に繋がる。開放的な感じが好印象。

ok0174y.jpg

ここで2階の間取りをご紹介。眺望を確保するためかリビングルームは2階にレイアウトされている。北側にオープンキッチンを配しその脇にコンパクトなバルコニーも用意されている。家の中心には日本建築の技法が上品に施された座敷が用意され、板張りのリビングとの関係がちょうど良い。一番東側にはユーティリティ、洗面室、浴室と連続する使い勝手がよさそうな水周りが配されている。1階と同様にどの部屋からも相模湾と町並みを眺める設計。

ok0174af-2.jpg

明るさに満ちたリビングからご紹介。

ok0174ag.jpg

白壁と木肌色でまとめられた室内は幸福感があふれる。

ok0174ah.jpg

小屋組みを露出させた天井は山荘的な雰囲気で箱根の山並みと相性が良い。

ok0174ai.jpg

配されたランプも良く似合っている。

ok0174aj.jpg

リビング、ダイニング、キッチン、座敷は一体となるレイアウト。上手に家具を配せば空間が上手く仕切れそう。

ok0174ak.jpg

電気式のマキストーブが収められたマントルピースは大谷石のようだ。

ok0174al.jpg

景色がよく見えるように配慮されたバルコーの手すりのおかげか、リビングからストレスなく先の眺望まで繋がる。

ok0174am.jpg

手前のグリーンとその先の町並み、最奥には相模湾。その上に視界いっぱいに広がる大空。いい感じの眺め。

ok0174an.jpg

景色に動きがあるのもうれしい。海を行き交う船舶、橋を渡る自動車、あっという間に通り過ぎる美しいシルエットの新幹線。その手前をのんびりと横切る東海道本線。車両を軋ませながら箱根に向かう箱根登山鉄道が走る音。なんだか電車模型のジオラマを見ているようで楽しい。

ok0174ao.jpg

板橋エリアは高速道路へのアクセスも良い。西湘バイパスや小田原厚木道路へ繋がるインターチェンジが近いというのはうれしい。

ok0174ap.jpg

ここで城下町リゾート小田原の素晴らしさをご紹介。

ok0174aq.jpg

小田原といえば日本史に幾度も登場する要所。とりわけ戦国時代、関東一円を領土に一大勢力を誇った北条氏の城下として有名。

ok0174ar.jpg

2016年に修理された小田原城を中心に広がる城下町。日々の暮らしの中で感じる城の存在は大きい。

ok0174as.jpg

城下町としてのデザインコードが守られ通りを歩くだけでも楽しい。

ok0174at.jpg

港の近い小田原はかまぼこなどの練り物が有名だが、もちろん新鮮な魚介も容易に手に入る。魚介を売りにした飲食店もあちこちにありこの雰囲気も小田原の魅力。

ok0174au.jpg

ok0174bw.jpg

城の周りは年中イベントが行われている。お堀端の桜が咲く時期は昼夜を問わず花見客で賑わう。桜の木に下げられた提灯も美しい。まさに「小田原ちょうちんぶら下げて」の光景。

ok0174av.jpg

小田原には早川の脇に小田原漁港がある。シラスからマグロまで近海ものの魚が水揚げされる。

ok0174aw.jpg

漁港の周りには場外市場的な場所に新鮮な魚をシンプルな料理で食わせる店から、洗練されたイタリアンまで魚を売りにした飲食店がひしめく。週末は大行列の盛況ぶりだ。

ok0174ax.jpg

そして小田原の北西方向には箱根国立公園の大自然が広がる。世界的にも知られた温泉、観光のメッカが車で30分足らずの近さにあるのは恵まれすぎるくらいのロケーション。 海側を西に下れば湯河原、熱海の温泉街。観光地の入り口的存在が小田原の立地といえる。

ok0174bv.jpg

まさに都会を離れ暮らすことの醍醐味といえるだろう。

ok0174ay.jpg

車好きなら今回のユニットから車で数分の場所にある箱根ターンパイクを駆け上がるのも楽しい。城下町の風情、豊かな自然、メジャー観光地への近さ、「海あり、山あり、お城あり、少し登れば温泉あり」城下町リゾート小田原。

ok0174az.jpg

ok0174ba.jpg

大海原を横目に朝日に向かって移動がすこぶる気持ちいい。車なら朝日に輝く箱根の山をサイドミラー越しに感じ、右手に広がる相模湾を眺めながら東に進む。

ok0174bb.jpg

海周りなら、湘南、横浜のスタイリッシュな街を通過し都内へ。内陸周りなら相模川にそって厚木まで進み、東名高速を使って一気に都内に入る。ユニットから品川まで約80kmの極上ドライブが楽しめる。

ok0174bd.jpg

東海道本線を使えば車と同様、朝日と大海原を感じることができる。また、最速を求めるなら、平日の午前7時台の時間帯なら10分に1本間隔で運行する新幹線で品川駅まで28分。

ok0174bc.jpg

大自然に囲まれ城下町という落ち着きと風情ある街に拠点を置いて職場は都内。結構いい感じじゃありませんか。

ok0174be.jpg

ユニットの紹介に戻ろう。2階から1階のテラスをのぞくとこんな感じ。広角レンズを装着した一眼レフをいっぱいに開いても収まりきらないヒュージなテラス。

ok0174bf2.jpg

カメラを覗いていて美しさを感じるのがこの座敷。上品な細工が素晴らしい。うずくりが施された竿縁の天井。バランスの良い配分の違い棚と戸棚。角の大黒柱も重厚感がある。

ok0174bg2.jpg

吹き寄せされたよこしげの明かり障子の陰影もすばらしい。

ok0174bh.jpg

つるつるの床に気持ちよく足を滑らせ水周りへ。

ok0174bi.jpg

ユーティリティに連続して洗面室から浴室へ続く。広めの洗面台はゆったりと腰掛けられるチェアが収まるのもうれしい。

ok0174bj.jpg

石と木で設えられた浴槽からは窓いっぱいに海の景色が広がる。自邸でどうしても温泉を楽しみたいなら温泉のデリバリーという選択肢もあるだろう。

ok0174bk.jpg

大海原を眺め浸かる風呂のひと時は至福の時間となるだろう。

ok0174bl.jpg

真面目にしっかりと造られた素敵なユニット。是非、ご覧いただきたい。

ok0174bm.jpg

暮らせるリゾート小田原城下町。この何ともいえない空気感の中で暮らしてみてはいかがだろう。

物件へのアクセスと近隣施設

※実際の場所と表示がずれている場合があります。

物件までの所要時間

箱根登山鉄道「箱根板橋駅」徒歩約10分(約700m)

近隣施設のご案内

小田原駅・・・約2.6km
小田原城・・・約1.7km
早川港 ・・・約1.9km
小田原湯本カントリークラブ・・・約6.7km
御殿場プレミアムアウトレット・・・約28.1km
富士スピードウェイ・・・約36.3km
江ノ島・・・約38.2km
熱海駅・・・約21.7km
芦ノ湖・・・約16.5km
スーパー(小田原百貨店板橋店)・・・約850m
西湘バイパスIC(早川)・・・約2.0

物件の概要

所在地 神奈川県小田原市板橋
交通 箱根登山鉄道「箱根板橋駅」より徒歩約10分(約700m)
土地面積 公簿 498.00m2
建物面積 167.42m2
建物構造 木造ステンレス鋼板葺2階建
築年月 平成19年8月
地目・用途地域 宅地・第1種低層住居専用地域(市街化調整区域)
建ペイ率・容積率 40%・60%
その他の法令制限 小田原市建築基準条例
建築基準法22条区域・景観法
宅地造成規制法・土砂災害防止対策推進法
高さ制限(10m)
備考
  • 相模湾望む・小田原の町並み望む
  • 南向き日照良好
  • ビルトインガレージ 2〜3台(オートドア)
  • 駐車スペース 5台
  • ウッドテラス・キッチンガーデン
  • ビューバス・ユーティリティ
  • シューズクローゼット・ストレージ
  • 2007年築 建物はとても綺麗です
取引態様 媒介
物件番号 OK0174
  • PDF図面
  • JPG図面

新着物件

RSS

湯河原某所 売中古温泉旅館

湯河原某所 売中古温泉旅館

ask万円

湯けむり漂う山懐にある美しく上質なプライベート宿のご紹介です。詳細についてはお問い合わせください。

湯河原某所 売中古温泉旅館の詳細

湯河原町吉浜 中古戸建

湯河原町吉浜 中古戸建

2,680万円

海を渡るさわやかな風が少し寄り道をする丘の上。どこか懐かしさを感じる居心地の良いユニットのご紹介です。

湯河原町吉浜 中古戸建の詳細

湯河原 売中古リゾートマンション

湯河原 売中古リゾートマンション

1,300万円

美しい山並みを見渡す丘の上。ヴィンテージ感の漂う温泉付きリゾートレジデンスのご紹介です。

湯河原 売中古リゾートマンションの詳細

熱海市上多賀海に面する土地 (SEVENS AREA)

熱海市上多賀海に面する土地 (SEVENS AREA)

12,000万円

The Lanaikai 「セブンスエリア」熱海駅より車で約15分の距離にある、相模湾の最前列の土地のご紹介です。

熱海市上多賀海に面する土地 (SEVENS AREA)の詳細

熱海市上多賀海に面する土地 (SEVENS AREA)

熱海市上多賀海に面する土地 (SEVENS AREA)

12,000万円

The Lanaikai 「セブンスエリア」熱海駅より車で約15分の距離にある、相模湾の最前列の土地のご紹介です。

熱海市上多賀海に面する土地 (SEVENS AREA)の詳細

オオクスライフアシスト

オオクスライフアシスト

有限会社オオクスライフアシスト
〒259-0312 神奈川県足柄下郡
湯河原町吉浜929番地7
0120-817-094