熱海の別荘 2017.10.26

熱海 戸建 12,800万円  八景

ここからの眺めは熱海の眺望ランキングがあれば上位にノミネートされるだろう。

 

「眺望絶佳」

 

熱海のベストビューを選ぶとしたら、この場所からの景色と答える人も多いだろう。それも頷けるポストカードにでもなりそうな絶景――熱海湾を中心にホテルやリゾートマンションが立ち並ぶ熱海の街並み、初島や伊豆大島との間を定期船が行き交う大海原、遥か天城まで続く伊豆半島の山々。広角レンズにも収まりきらない眺望は、静けさの中で息を飲むような朝焼けに始まり、行き交う列車の響き、人や車が活発に動く日中、溜息をつきたくなるような黄昏時の空と雲の彩り、夕闇が訪れた後さらに輝きを増す夜景――ドラマチックに変化する熱海のジオラマを見ることのできるこの場所は熱海・伊豆山。

熱海駅から山側へ保養所やリゾートマンションが立ち並ぶ坂を上り、MOA美術館の手前で右に少し入ると、日本瓦をあしらった長い塀のあるお屋敷が現れる。これが今回ご紹介するユニット「八景」だ。門をくぐると、お屋敷と呼ぶにふさわしい風格を備えた母屋が現れ、その向こうに絶景が広がる予感がする。昭和の終わり、コストよりこだわりや良い品を使う事が優先された時代に造られた建物には独特の奥行きがある。陽当たりの良い南側のテラスに面して広い窓を配した居室とリビング。景色を楽しみながら温泉に浸かることのできるビューバスは石造りで温泉宿のような情緒がある。階段下に設けられた坪庭や欄間に施された意匠、使い勝手を意識して作られた棚やライトなど、良いものは長く使えるという証があちこちに見られる。二階の居室も全てバルコニーへアクセスでき、熱海のベストビューを常に感じながら暮らすという他にはない贅沢が味わえる。

広い庭には斜面をうまく利用して散策路と離れが配されている。隣家は斜面下方に位置するため遮る物もないプライベートな空間で景色を楽しむことができる。

道路に接する長い塀には正門の他に二つの勝手口が設けられ、離れからの出入りも容易。正面玄関を出て通りを挟んだ反対側には五台分のパーキングスペースを備えているので、ゲストを招いて夜景や熱海の花火を一緒に楽しむのも良いだろう。

かつては百万ドルの夜景と称された熱海の夜景も近年復活してきた。海面に揺らぐ宿の明かりには独特の美しさがある。眺望を重視する方には是非見ていただきたい。

 

日本瓦をあしらった長く続く塀に屋敷の風格を感じる。正門の他に二つの勝手口が配されている。

海のある南側が下がっている地勢のため、遮る物のない視界の広さを感じる。400坪を超える敷地は、建物の間に小道が整備されている。

眺望を重視する方には是非ご覧いただきたい。熱海の花火大会が待ち遠しくなる。

意識して眺めずとも暮らしの中に溶け込んでくる景色。

日本建築の建物は随所に細やかな技と優美な造形が見て取れる。

バスルームも含め全居室に南向きの窓が配され、眺望と風の通り道が考えられた造り。

10ミリの広角レンズにも収まりきれない絶景。大空をはばたく鳥になったような気持ちになる。

 

物件情報

物件名THE HAKKEI (八景)
価格1億2800万円
所在地静岡県熱海市伊豆山
交通

JR東海道線「熱海」駅から約1.5㎞ 徒歩約22分 車約9分(約2.0km)
MOA行きバス7分「MOA美術館」下車 徒歩約14分(約800m)

土地面積公簿1345.00㎡
建物面積228.27㎡(母屋) 58.45㎡(離れ)
建物構造木造瓦葺2階建(母屋) 木・鉄筋コンクリート造瓦葺2階建(離れ)
築年月昭和62年11月
地目山林(現況は宅地)
用途地域第1種中高層住居専用地域
建ペイ率・容積率40%・200%
その他の法令制限

静岡県建築基準条例(10条)
熱海市景観条例 熱海市まちづくり条例
建築基準法第22条区域 宅地造成等規制法
第1種高度地区(高さ21m以下) 日影規制

備考

熱海の街並み・熱海港を見下ろすベストビュー
夜景・花火大会の鑑賞にも最適
相模湾・初島の眺望
南向き陽当たり良好
熱海市街地徒歩圏
駐車場5台分
母屋・離れの2棟あり 建物一部補修必要
母屋基礎部分に物置あり テレビアンテナなし
温泉引込済(設備交換必要)

取引態様媒介
物件番号AK0180

※詳細についてはお問い合わせください。