建築デザイン 2018.10.13

海辺に似合うヴィラのイメージプラン

海辺に似合うヴィラのサンプルプラン(OOKUSU DESIGN)


素足で過ごす海辺の週末住宅


 

湯河原吉浜のあるプロパティ用にビーチハウスのプランを行った。

テーマとしては
・コンパクトな建物
・居心地の良いダイニング
・料理する時間が楽しいキッチン
・温室のような明るいリビング
・パティオテラス
・COZYな居室
・ガーデンを眺めるバスルーム
・遊び道具を収めるストレージ
・海を眺める見晴らしテラス


過去作品


多くの別荘を目にしてきて感じることは、気軽に気楽に使える力の抜けた感じのヴィラがかっこいいと思う。建物はあまり大きくないのが理想。ファミリーユースであれば30坪の延床面積が理想的な広さだろう。こだわるところは間取りと仕上げ。リゾートにきて心地よいと感じる陽光、景色、風を考慮したプランニングには特に気をつけたい。そして仕上げはなるべく天然素材のものがよい。マテリアルの風合いと経年変化による美しさを楽しめるものがよい。そしてファニチャーも重要なアイテム。ヴィラが素敵な空間になるかどうかはファニチャーで決まるといってもいいだろう。


OOKUSUオフィス


 OOKUSUオフィス


過去作品(湘南)

 

 

 



プランニングとデザイン

家をデザインするというより
 過ごす情景をデザインする

 



建物のプランやデザインをする作業では、その場所で過ごす情景をイメージする。建物のディテールや仕上げも重要だがその環境と使い方で一番美しい情景を想像してそれを具現化する。そこで過ごす美しい時間をデザインすることにウエイトを置いている。今回のビーチハウスは温室のような雰囲気のリビングとつながるテラスの間にしかれたレースのカーテンが柔らかい海風に時折流れる様子、粗板の床を素足で歩く感じ、海とガーデンを感じる天窓からさす陽光を感じながら、うまい朝食を軽快に調理する感じ、テラスに影を落とすシンボルツリーの下で読書しながら居眠りする感じ、好きな書籍に囲まれてライブラリーで音楽を聴きながら過ごす情景をイメージしてデザインした。チカラの抜けた上等で幸せな時が流れる空間に仕上がった。土地がさほど大きくなくても配置できるロケーションを選ばないプランといえるだろう。


過去作品


 

過去作品


イメージプラン(平面)


イメージプラン(立面)


過去作品

 

 

 


OOKUSUの特徴(建物とガーデンの提案)

別荘屋だから描ける価値ある家と庭

 


当社では土地の紹介に付属して建物の提案を行っている。多くの別荘、特にクオリティが高く資産性のあるプロパティを目にし、取引をしてきたことから得た知識を生かした提案ができることは当社の特徴といえる。土地から建物を建てたい方や中古をリノベしたい方はお問い合わせください。