スローライフ 2017.10.02

海あり山あり、ちょっと上れば温泉あり

 

小田原城下町リゾート
 

西は箱根外輪山から続くなだらかな丘陵地、相模湾へと流れ込む酒匂川一帯の足柄平野、そして東は曽我丘陵と起伏に富んだ地形の小田原市。ちょうど良い規模の都会でありながら、山も海もあり、温暖な気候で暮らしやすい。

 

石橋山近辺からの眺め。

 

曽我の梅林や根府川のおかめ桜が春の訪れを告げる。ソメイヨシノが咲く頃には小田原城址公園をはじめとする桜の名所が花見客で賑わう。城址公園には梅園や藤棚もあり、梅雨の頃は紫陽花と花菖蒲、秋は紅葉など四季折々の草花が楽しめる。
 

小田原城の満開の桜。

 

暖かくなってくると海や川で水遊びや釣りを楽しむ姿も見られる。小田原駅から徒歩圏の御幸の浜海岸は、景色が良く、伊豆半島や三浦・房総半島も見渡せ、海辺の散策などが楽しめる。西湘バイパスで東へ向かうと二宮近辺でパラグライダーの姿を目にすることも。眼下に広がる山と海、さぞ美しいに違いない。また早川や酒匂川では川釣りもできるほか、早川漁港から江之浦港近辺の海岸線は釣り人の人気スポットだ。
 

早川漁港。

釣り人の姿も多い。

 

もちろん自分で釣らずとも早川漁港には毎朝新鮮な魚介類が揚がるので、魚介を売りにした飲食店もあちこちにある。昔から小田原がかまぼこなど練り物で有名なのは、新鮮な魚介が入手しやすく、箱根から湧き出る清涼な水がある所以。鮮魚がたっぷりのった小田原丼や練り物を生かした小田原おでんなど、地元グルメも充実している。小田原ならではの味を堪能してもらいたい。
 

漁港に隣接する魚市場。

新鮮な魚介類が食べられるとあって食事時は観光客で賑わう。

 

小田原の海岸線から西に眼を向けると箱根の山々が立ちはだかっている。徒歩で東海道を往来した昔の人々にはさぞかし険しい難所に見えたことだろう。今は箱根駅伝の第5走者が駆け上る国道1号線の他に箱根新道やマツダターンパイク箱根といった道路が整えられ、箱根へのアクセスは非常に便利。スイッチバックでゴトゴトと上る箱根登山鉄道も車窓からの景色はここでしか見られない眺めで風情がある。

 

早川漁港から西側の眺め。箱根の外輪山が見える。

 

箱根は避暑地としても温泉リゾートしても昔から変わらぬ人気を誇るが、小田原から小一時間の距離。ハイキングやアスレチック、ゴルフなどで体を動かし、温泉に浸かって汗を流すというお決まりのコースが半日で堪能できる。
箱根の山々に雪が積もる季節には、温暖な小田原でおでんでもつつきながら雪見酒。小田原も東へ行けば真っ白な富士山も眺めることができる。
海あり山あり、ちょっと上れば温泉あり。そんな小田原で四季折々の楽しみを見つけてみませんか。