熱海の別荘 2017.11.07

熱海 戸建 4,980万円  石畳の先

海が見える南東向きのサンルームはこの家の顔。

 

海辺の町で暮らす楽しみ

 

熱海駅から海の方角へぶらぶら歩く。国道135号線に近づき、坂の下に海が広がるのを眼にすると潮の香りが漂ってくる。地図を見ると熱海市街地の海沿いは「和田浜南町」「渚町」「東海岸町」「海光町」というように、海にちなんだ町名が並ぶ。ここ「海光町」も輝く海を見下ろす地形からこの名が付いたのだろう。この地を愛し創作活動に打ち込んだ池田満寿夫や佐藤陽子など、芸術家や文人にインスピレーションを与える海辺の町。中でも国道から海側へ下りた辺りは、戦後GHQが敷いた石畳が残り、野村塵外荘をはじめとする別邸が立ち並ぶ情緒溢れる街並みが今も人々を惹きつけてやまない。

今回ご紹介する「石畳の先」はこの石畳エリアから小路を少し進んだ先にある。行き止りの道路に面し、国道やビーチラインの喧騒からも離れた静かな場所。沖合に浮かぶ初島や霞がかったグラデーションが美しい伊豆の山々が眺められ、陽当たりの良い庭園やサンルームで過ごす時間が心地良い。昭和初期に建てられた日本家屋にリノベーションが施され、和洋折衷な造りとなった建物は、日本家屋と女性的な美しさを感じる洋館のマッチングが印象的。暮らしに合わせて自分好みに手を加える楽しみもあるだろう。

最近新しく生まれ変わった熱海駅まで徒歩10分、市街地やビーチにも歩いていける生活の便の良さに加えて、潮騒まで聴こえてきそうな海辺の家。漁港で揚がった海の幸に、家庭菜園で育てた野菜が食卓を飾るのも、ここでの暮らしの醍醐味といえるだろう。

 

間取図。ユニットの敷地は通りの高さから1段分低くなっている。さらに南東側の隣地も1段下がっているため、海の眺望が良い。

広々としたリビング。サンルームから庭へ出られるのも嬉しい。

1階リビングの奥には新築当時オリジナルの空間が残っている。シンプルな床の間と書院に上品さを感じる。

隣地に育つ松と相模湾が眺められる浴室。温泉は引き込まれていないが露天風呂気分に浸れそうな風呂。

2階は和室と洋間の構成。続き間になっている部屋同士は様々なレイアウトに対応できる。

いつも視界の片隅に海がある暮らし。

 

物件情報

物件名石畳の先
価格4,980万円
所在地静岡県熱海市海光町
交通

JR東海道線「熱海駅」 徒歩約10分

土地面積公簿333.58㎡(約100.90坪)
建物面積133.63㎡(約40.42坪)
建物構造木造亜鉛メッキ鋼板葺2階建
築年月昭和初期(年代不明)
地目宅地
用途地域第2種中高層住居専用地域
建ペイ率・容積率60%・300%
その他の法令制限

静岡県建築基準条例 まちづくり条例 景観条例
第1種高度地区 娯楽レクレーション地区(第2種)
斜線制限・日影規制

備考

南東向き日照良好
相模湾・初島・伊豆半島望む
熱海市街地徒歩約20分
家庭菜園あり 未登記増築部分あり
建物は一部傾いています
平成10年頃リフォーム実施
建物の瑕疵担保責任は免責とさせていただきます

取引態様媒介
物件番号AK0141

※詳細についてはお問い合わせください。

 

お問い合わせはこちらから(物件名をご明記の上お問い合わせください。)