事業用 2018.08.15

湯河原 旅館 28,000万円 隠れ家 温泉宿

ロケーション

自然のもてなし

空の色は刻々と移り変わり、朝霧に煙る山々、零れ落ちそうな満点の星空、静かに浮かぶお月様、ゆるやかに、そしてドラマチックに変化する壮大で美しい湯河原の自然にもてなされているようにこの宿は佇んでいる。

瓦屋根の重なり

 

丁寧なおもてなしを感じる上質な隠れ家的温泉宿

 

 

 

スケール感

わずか五室のプライベートヴィラ

山懐の闇の中に浮かぶ温かな灯り

 

上質な空間ときめ細やかなサービスを実現できる程良い広さの敷地と建物。隅々まで目が行き届き、磨きこまれた木の艶が建物に清潔感と風格を醸し出している。小さいからこそ実現できるきめ細やかなサービスとプライベート感のある隠れ家的な温泉宿はファンが多い。

 

隅々に品の良さを感じる上質な隠れ家的温泉宿

 

・土地の広さ 1199.92㎡(約352.99坪)

・建物の大きさ 655.93㎡(約198.41坪)

館内間取図

 

敷地図

 

時を重ねた梁の美しさ

 

 

 

建物の設え

日本建築の技法

湯殿へ向かう渡り廊下から自然を感じる

 

もともとは財閥系企業の保養施設として作られた建物は日本建築の技法を凝らした手抜きの無い設え。周囲の山並みの稜線を背景に奇数屋門と折り重なる瓦と銅版で設えた屋根のデザインに、自然と共存する美意識を感じる。建物の構造体は硬固な鉄筋コンクリート造が採用され、木造では得られない高さと広がりのある空間が設けられている。その伸びやかな空間に木がふんだんに使われた日本建築の間と技法が惜しみなく施され落ち着きと風情のある上質な空間が造られている。

 

きめ細やかなサービスがうれしい

 

開放感のある吹き抜け

 

 

 

庭園の設え

小庭と借景

青と緑のコントラストが美しい庭園

 

日本庭園の小庭は上品な設え。門から建物までの前庭は延段が美しく藍染めの暖簾がかけられた玄関までつづくことで庭に奥行きを感じる。そして、湯殿へ渡る廊下の傍らの中には孟宋竹と瓦の敷詰めが印象的な苔庭は湯殿へ向かう廊下に瑞々さを添えている。このコンパクトながら庭園は日本的な情緒が十分味わえる庭と言える。

 

湯殿へと向かう渡り廊下からも自然を感じる

 

立面図

 

隅々に緑が溢れる館内

 

 

 

設備概要

コスト面に配慮した設備

この宿では単純でコンパクトな設備機器が採用されている。それは機器の維持管理や交換コストが抑えられ経済的な仕組みと言える。また、敷地の外周から見えない形で建物の屋根に太陽光発電パネルが装備され環境への配慮と燃料コストの削減が行われている。

 

■設備概要

上水道加温バコティンヒーター(年式不明)
温泉水ろ器サンライト浴場用濾過機3台設置
温泉ポンプエボラポンプ3台設置
温泉貯水槽

2,500ℓ

空調個別型冷暖機(平成24年~27年にかけて順次交換)
排水

個別浄化槽

昇降機 

ダムウェダー1基

電気契約容量業務用時季別電力(36kw/6kv)
太陽光発電容量11.88kw
動力源 電気・個別プロパンガス・灯油
地目原野・山林(現況宅地)
自家発電装置なし

 

ぼんやりとした明かりが風情を増す

 

おもてなしの心を随所に感じる

 

 

 

客室

どの部屋にもファンがいる

客室は定員4名のスタンダードルーム4部屋と定員6名の特別室1部屋の合計5部屋が用意されている。それぞれの部屋には個性があり、常連客の間でも指定する部屋が色々だとか。部屋に風呂にないことがネガティブポイントになるかもしれないが、旅行サイトの評価を見るとそのことについての批判は少なく、むしろ温泉風呂が貸し切りで使えたというポジティブなコメントが目立つ。部屋に風呂を供えないプランも、ランニングコストや湯殿に向かうことの行程もまた宿の醍醐味と考えれば賢明な選択肢かも知れない。

心こめて活けられた花に癒される

 

明るすぎない感じが上質な雰囲気

 

 

 

 

維持管理

日々磨きこまれた

藍色の向こう側の日本庭園

 

館内には隅々まで清潔感が漂う。日々の念入りな清掃と短い周期で行われるメンテナンス、そして磨かれることで木部はツヤを増し建物の風格を醸し出している。旅行サイトでのこの宿に対する評価がこの宿の清潔さを物語っている。

 

時を重ねて味を感じさせる石畳

 

気持ちの良い空間が連続する

 

 

 

湯殿

手を加えず、手間をかける湯

湯のきらめきが美しく感じられる内風呂と山並みと空を眺める爽快な露天風呂。合せて4つの湯船には近隣の元湯で汲み上げられた泉温約85℃の温泉が適温にされ贅沢に注がれている。熱海箱根、湯河原という国内有数の源泉群がひしめくこのエリアの中にあって温泉通をうならせる良質な温泉「桜山」の湯。その名湯を源泉から湧き出た湯の質をできるだけ損なわない状態で湯銭に注ぐ手間をかけた仕組みがとられている。このことで温泉の湯触りや効能をよく味わえ「これが本物の温泉か」と感じられる自慢の湯となっている。そして、中庭のつくばいには温泉が注がれ、毎朝朝食用の温泉卵が作られている。鮮度の良い高温泉ならではのありがたい効用だ。

心身ともに癒される露天風呂

 

温泉へのアプローチ

 

 

 

湯河原温泉

1300年の歴史、万葉集に詠われた古湯

館内から望む幻想的な空気に包まれた山並み

 

湯治場として利用された湯河原温泉は「傷の湯」として文人墨客が保養のために訪れた名湯。1300年も昔から人々を癒し続けた誉れ高き湯。

 

万葉集

「あしかりのとひのかふちにいづるゆの

よにもたよらにころがいはなくに」(巻十四)

 

あちこちから上がる湯けむりに温泉郷に来たことを実感する。

 

 

 

湯の効能

名湯と称えられる湯の効能

太陽と緑が明るい浴場

 

湯河原の温泉はからだの芯までよく温め、湯から上がった後も湯冷めしにくいという特徴がある。また弱食塩泉の刺激が少ない肌触りも良いお湯でもあるその効能に石膏成分加わり、さらに持ち味を発揮する。石膏成分は昔から「傷の湯」として称えられ、打ち身や傷、術後の回復が早いことで知られている。その評判は江戸時代の史料に「湯の効能は総じて身の痛みは特によく効く」と記されたほど。その他、石膏成分は肌を柔軟にし、しわを防ぐなどの美容効果も期待でき女性に喜ばれている。

 

■温泉成分

泉質ナトリウム・カルシウム・塩化物・硫酸塩泉
(旧泉質名:含石膏・弱食塩泉)
源泉揚湯量毎分75ℓ
源泉温度85.2℃
pH 

 8.1

給湯量浴槽には毎分7.2ℓ(外気温に合わせて調整)

 

温泉の質は元湯ならでは

 

源泉井戸

 

 

 

 

湯河原の町

質の高い再生力

海と山の幸に恵まれた町

 

ユニットにほど近い清流沿いの老舗旅館跡地に会員制リゾートホテルのラグジュアリーブランド「エクシブ湯河原離宮」が2017年にオープンした。さらに、湯河原温泉場の中心に現存する明治期に建設された老舗旅館がファンドにより2019年から再生される。質の高い再生事業が湯河原で始まっている。

 

四季の移ろいが町の至る所に溢れるのは自然豊かな町ならでは

 

 

こだわりのある職人が集まる街

ミシュランガイドにより星がつけられた飲食店や宿が点在する湯河原。また、国内の人気投票において上位に入るベーカリーやラーメン店もこの町で営業を行っている。「賑やか過ぎず、寂しすぎない」そんなところがこだわりのある職人に好まれる所以だろうか。

ミシュランガイド1つ星を獲得したエルルカン・ビス

 

エルルカン・ビスは竹林に囲まれ緑と音に癒される

 

エルルカンビス [ OFFICIAL WEB SITE ]
http://herlequin.com/

 

 

■物件概要

物件名湯河原町宮上・隠れ家 温泉宿
価格28,000万円
所在地神奈川県足柄下郡湯河原町宮上
交通

JR東海道線「湯河原駅」約3.8km(車約13分)

土地面積1,166.92㎡(約352.99坪)
建物面積

1階 349.52㎡(105.72坪)
2階 275.84㎡(83.44坪)
3階 30.57㎡(9.24坪)

合計655.93㎡(198.41坪)

建物種類 

保養所・機械室

建物構造木・鉄筋コンクリート造瓦・スレート葺地下1階付2階建
築年月平成5年4月
地目宅地、原野
用途地域無指定
都市計画区域非線引き区域
建ペイ率・容積率40%・200%
インフラ公営上水道・個別浄化槽・東京電力・個別プロパンガス
通信NTT光ケーブル
温泉

民間温泉による分湯(桜山分譲地)
分湯量2口(毎分7.2ℓ)

施設設備

給湯    集中給湯器(灯油燃料)・スタッフ棟厨房は個別ガス給湯器

温泉    集中給湯器(灯油燃料)濾過循環器・貯湯浴槽付帯

空調    個別冷暖房器

排水    個別浄化槽(温泉排水は道路側溝に排水)

売電施設  太陽光発電設置

外壁後退あり
その他の法令制限湯河原町開発指導要綱・湯河原町景観計画
宅地造成等規制法・土砂災害防止対策推進法
風致地区第4種・都市計画法第29条
神奈川県建築基準条例(がけ条例)
建築基準法第22条区域・神奈川県風致地区条例
備考和風旅館 客室5室
建物維持管理良好
温泉引込(民間温泉・権利金あり) 給湯量毎分7.2L(2口) 源泉温度約85.2℃
温泉浴場(男女ともに内風呂・露天風呂設置)
駐車場8~10台分
雄大な山並みを望む
静かな周辺環境
現状旅館営業中
引渡し時期相談
取引態様媒介
物件番号YK0178

 

お問い合わせはこちらから (物件名をご明記の上お問い合わせください。)

 

 

 

ファサード

 

アプローチ

 

エントランスロビー

 

ダイニング

 

細部にまでこだわりを感じる階段

 

湯殿への渡り廊下

 

湯殿への渡り廊下

 

露天風呂

 

客室

 

カウンター

 

客室

 

波模様の格子に粋を感じる

 

静かに空の変化を眺める休日もいい