別荘の保守管理サービス 2017.11.21

別荘のご利用前後のサービス

ご到着に合わせてお湯が張られていれば、疲れた身体もすぐに温泉でリフレッシュできる。

 

ウェルカムサービスとリーブサービス

 

週末前になると別荘のオーナーさんからの連絡で別荘利用前の準備のオーダーが入ります。これは弊社で行っている別荘管理と清掃サービスの一環であるチェックイン準備サービスの依頼です。オーナーさんが到着する前に別荘を起動する作業です。

例えば、大きな数寄屋造りのお屋敷では、まず雨戸を開けて空気をリフレッシュ。お茶用のお湯を沸かし、エアコンを付けてお部屋を快適な温度にします。寝具の準備や備品の補充、庭園の点検など作業項目をチェックしながら進めていきます。そして浴槽に温泉をためる作業。このお屋敷は浴槽が2か所あって、そのひとつは露天の岩風呂です。浴槽を水洗いして落ち葉を取り温泉をためるのですが、浴槽が大きいことと温度管理が難しいので時間がかかります。露天風呂は気温に影響を受けやすいことや、岩風呂となれば温度降下が早いので少し熱めにしておかないと適温になりません。到着時に42℃前後に温泉を仕立てるのには少し経験が必要です。この日の到着は15:00なので14:30までにはすべての作業を終わらせます。

その他、別荘の形態やご要望に応じてさまざまなウェルカムサービスを行っています。ご不在時にはカバーを掛けて保管されているテラスやガーデンの家具の準備、照明やキャンドルの点灯、温泉の注水など、お客様がご到着と同時に寛ぐことのできる空間作りをいたします。

 

別荘のご利用後には、清掃やリネン回収、備品の補充などたくさんの仕事があります。もともとは、掃除が面倒で別荘を利用しなくなるオーナーさんが多いことを感じて開始したサービス、長いオーナーさんは10年以上もご依頼頂いています。

こうしたヴィラサービスのお仕事は弊社専属スタッフである地元の女性たちのおかげで成り立っています。女性ならではの丁寧な仕事、お客様をお迎えするおもてなしの心で作業にあたります。

 

露天風呂では落ち葉などを片付ける作業から。

外気温の影響を受けやすい露天の岩風呂でお湯を適温に保つには経験が必要。

BBQ設備の点火チェック

ベッドメイキング。時にはアロマやお香を焚くのもいい。